暮らすに+

クラスタス

システム

システム開発時のテストフェーズ UT,IT,STなどの略称を解説

更新日:

郷に入れば郷に従え、と言いますが、その開発現場によって、開発手法はもちろんテストの方法も異なります。

今回はメジャーどころからマイナーどころまで、システム開発のテストの種類について、まとめました。

一般的なテストフェーズ

システム開発におけるテストは、一般的には、以下の順番にテストが進んでいきます。

単体テスト → 結合テスト → 総合テスト → ユーザーテスト

(ここでは、ウォーターフォール型の開発手法を前提としています。)

そのほかに、機能的に必要であれば、性能テストや、負荷テストというものもあったり。では、順番にテストフェーズを見ていきましょう。

単体テスト

単体テストは、UT(Unit Test)やPT(Program Test or Part Test)、CT(Component Test or Coding Test)と呼ばれることが多いです。

単体テストは、新規もしくは修正したプログラムを、文字通り単体でテストすることです。プロジェクトによっては、プログラム単体ではなく、機能単体でのテストを指すこともあります。

そのプログラムを書いた人が、動作保証として、単体テストまで行うことが多いと思います。まずは、ここで想定通りの動きをしなければ、先に進めません。

結合テスト

結合テストは、IT(Integration Test)や、ST(String Test)、JT(Joint Test)、CT(Combined Test)、LT(Link Test)などと略されます。

結合テストでは、単体テストを合格したプログラムを組み合わせた時に問題が発生しないか、既存の機能と正しく連携できるかを確認します。

例えば、データ登録機能の修正を行ったら、データ登録 → 検索 → 帳票印刷 → 他システムへのデータ連携 などと、後続の処理が正しく機能するかを確認します。

総合テスト

総合テストは、ST(System Test)、PT(Product Test)と呼ばれることが多いです。

ここでは、想定されている通りの動きをするかどうか、業務システムなら本番業務を滞りなく行うことができるかを、確認します。

この次の段階、かつ最終段階であるユーザー受入テストのフェーズで、致命的な欠陥が見つからないよう、開発側はここで、しっかりとテストをしておきます。

ユーザー受入テスト

ユーザー受入テストは、UAT(User Accept Test)、UT(User Test)、AT(Accept Test)と略されます。

総合テストを実施し、ITベンダーが問題ないと判断したら、ユーザーが実際の業務を当てはめてテストを行います。

このユーザー受入テストが完了し、問題ないと判断されれば、テストは終了。残すところは本番環境の作成や、移行ということになります。

テストフェーズとその略称のまとめ

略称をまとめてみましたが、英単語の頭文字をとるだけなので、例えばUTと言われても、単体テストなのかユーザーテストなのか不明瞭です。

前後のやり取りから判断できるでしょうが、新しい開発現場で略称が出てきた際は、その略称が何を表しているのか、念のため確認するようにしましょう。

できれば呼称が統一されると、ムダな認識の齟齬などが発生しないんですけどね。

ちなみに、個人的には、単体テストはUT,結合テストはIT,総合テストがST,ユーザーテストはUAT、が1番しっくりきます。

-システム

Copyright© クラスタス , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.