暮らすに+

クラスタス

モノ・サービス

Spotify(スポティファイ)の無料プラン・有料プランの違い

投稿日:

こんにちは。「暮らす」に+を。クラスタスです。

世界最大級の音楽ストリーミングサービス「Spotify」(スポティファイ)。ユーザー数は、1億人以上と言われています。

 

日本では2016/9/29から招待制でサービスが開始され、2016/11/10から一般公開されました。利用時に、検討すべき料金プランの違いについて、まとめました。 

Spotifyの特徴

まず、Spotifyの概要を知っておきましょう。

何と言っても、Spotifyの特徴は、4000万曲以上の音楽を無料で聴ける、ということ。

そして、20億以上という豊富なプレイリストがあるので、好みの音楽や、新しい音楽に出会う可能性が拡がります。

 

同様のサービスとしては、AWA・LINE MUSIC・Google Play Music・Prime Musicなどなどがありますが、フリーミアムで提供しているのは、Spotifyだけ!

 

Spotifyの料金体系

Spotifyには、フリープランとプレミアムプランの2種類のプランがあります。

フリープランは名前の通り無料で、その代わり利用する上で少し制限があります。再生はシャッフル再生のみで、このアーティストの、この曲という選び方ができません。

また、再生時に、頻繁ではないですが広告が流れてきます。

 

一方、プレミアムプランは月額980円(税込)を払うかわりに、広告なしで、制限がありません。端末にダウンロードして、オフラインで聴くこともできます。

また、音質のレベルが自動/標準/高音質/最高品質の4つがあるのですが、プレミアムプランの場合のみ、最高音質を利用することができます。

 

無料で聴けるにもかかわらず、1億人中4000万人が、プレミアムプランを利用しているそうで、フリープランの絶妙な制約によって、マネタイズに成功しているようです。

 

 

Spotifyのその他の特徴

レコメンド機能

Spotifyを使えば使うほど、その人が好きそうな曲を学習していき、オススメの曲を再生してくれるようになるそうです。

シャッフル機能は聴く曲を制限されますが、結果、自分が普段聴くことのないアーティストの楽曲に触れることができて、新しい発見につながります。

 

Spotify Running

Spotifyのスマホアプリには、Spotify Runningという機能があります。

ランニングのペースに合わせたテンポの楽曲を自動的に選んで再生してくれます。この機能により、音楽によって自分のランニングのペースを維持することができます。

 

Run Keeperとの連携も可能

GPSを使ってランニングの距離やタイム、スプリットを計測してくれるRun Keeperというアプリと連携することができます。日常的に音楽を聴きながらジョギングをする人の中にはRun Keeperを使用している人が少なくないでしょうから、嬉しい人も多いはず。

 

Spotifyの料金プランのまとめ

 Spotifyの料金プランはシンプルです。

まずは、フリープランで無料で使ってみて、フリープランの制約にストレスを感じるようなら、プレミアムプランの検討をすべきかと思います。

 

それにしても、Spotifyに限ったことではないですが、月額980円で様々な音楽に触れることができるのは、10年前では信じられない状況です。

CDが売れない時代になっていると言われますが、昔シングルCDを1,000円とかで買っていたことすら、バカバカしく感じてしまいます。

-モノ・サービス

Copyright© クラスタス , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.