暮らすに+

クラスタス

スマホ

MVNOも大手キャリアもSIMカードサイズはnanoSIM一択

投稿日:

こんにちは。「暮らす」に+を。クラスタスです。

通信事業者との契約時、SIMカードのサイズを選ぶことになります。サイズ順に標準SIM、microSIM、nanoSIMの3種類がありますが、そのサイズ選びで損をしない知識をご紹介します。

SIMカードのサイズは手元の機種に合わせるべき?

新しくSIMカードを入手する場合、現在手元にある、もしくはこれから入手するスマホやタブレットに当てはまるサイズを選ぶ人がほとんどでしょうが、ここで少し考えてみましょう。

その手元にある機種、今後ずっと使うわけではないですよね。例えば、現在使っているスマホのSIMサイズがmicroSIM、SIMカードもmicroSIMの場合、将来スマホを買い換えた時にそのスマホのSIMのサイズがnanoSIMだった場合、SIMカードのサイズが合わなくなってしまいます。

 

では、 サイズが合わなくなってしまった場合、どうしたらよいでしょう?選択肢をまとめました。

SIMカードのサイズを変更する方法

通信サービス会社にサイズ変更手続きをする

格安SIMを契約しているサービスに変更手続きをすることで、SIMカードのサイズ変更が可能です。ただし、変更手数料が3,000円程度かかることがほとんど。また、新しいSIMカードが到着するまでの数日、いわゆる「不通期間」となってしまい電話もデータ通信も使えなくなってしまうので、やむを得ない場合以外は回避したいです。

SIMカードをカット

サイズの大きいSIMカードを小さいSIMカードにしたい場合、SIMカードをカットする必要があります。

しかし、失敗する可能性もありますし、格安SIMサービスは解約時にSIMカードの返却を求めるものもありますので、カットはオススメできません。

 

nanoSIMカードを大きくする

一番小さいnanoSIMカードにSIMサイズ変換アダプターを装着することで、nanoSIMからmicroSIMに、さらにmicroSIMから標準SIMに大きくすることができます。

SIMサイズ変換アダプターは安価で販売されているので、SIMカッターを購入するよりも安く、確実にSIMカードのサイズを変更することができます。使い回すこともできるので、スマホ、タブレットの機種を変えた時もそのまま使えます。

 

 

SIMカードサイズの選び方のまとめ

SIMカードに関しては小は大をかねるということで、nanoSIMを選んで、必要に応じて、アダプターを利用してサイズを変更して使うことをオススメします。

これから新規契約する場合、プラン変更して、新しくSIMカードのサイズを選ぶ場合は、SIMサイズは「nanoSIM」一択です。

-スマホ

Copyright© クラスタス , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.