暮らすに+

クラスタス

モノ・サービス

ビジネス向けのLINE WORKSとは?LINEとの違い、機能や料金について

投稿日:

こんにちは。「暮らす」に+を。クラスタスです。

LINEとワークスモバイルジャパンが、「LINE WORKS」というサービスを発表しました。普通のLINEとの違いを見ていきましょう。

 

LINE WORKSの概要

ワークスモバイルジャパンが提供してきたWorks Mobileというサービスの最新版がLINE WORKSです。サービス名を変更して、これからLINEと相互接続できる新機能を提供します。

LINE WORKSの機能

トーク

LINEと同じトークを行うことができます。

お客様や社外の人は通常のLINEでやり取りができるので、より早く効率的にコミュニケーションが可能です。webブラウザでも利用可能なので、PCに向かっている時も、すぐにトークが可能です。

ホーム

掲示板機能を使って、全社向けだったり部門単位だったりで、お知らせを行うことができます。LINEのトーク同様、プッシュ通知が可能ですので、重要な内容は即時伝えることが可能です。

既読・未読の把握が可能なので、一定時間が経過しても未読の人には、確認するように促すことが可能です。

アドレス帳

社内のアドレス帳を設定し、メンバーの情報を確認することが可能です。

アドレス帳から必要な相手にトーク、無料通話、メール、予定招待とコミュニケーションをとることが可能です。

メール

LINEなのにメールも使うことができます。ビジネス上、まだまだメールでのやり取りは必須です。

受信したメールの添付資料は後述するDriveに保存したり、送信時にDriveから簡単にファイル選択して添付することも可能です。

カレンダー

カレンダー機能で自分の予定を管理することが可能です。ビジネス上はスケジュール管理は必ず必要ですよね。

チームメンバーの予定を確認することももちろん可能です。さらに便利な機能として、参加者を選択すると、その参加者が参加可能な時間候補が表示されます。

Drive

Driveは、チームメンバーや部署内などメンバーを限定してフォルダを共有するサービス。メンバーが限定されるため、セキュリティ上も安心です。

共有はリンクで行うことができ、ワンタイムパスワード認証や有効期限など細かく設定を行うことができます。

さらにドキュメントの全文検索が可能。タイトルだけでなく、ドキュメント内の文字検索が可能なので、目的のドキュメントに簡単にアクセスすることができます。

LINE WORKSの料金

LINE WORKSは月額300円から利用可能です。ビジネスユースを考えるなら、ベーシックプラン以上を選択することが多くなるでしょう。

LINE WORKSのまとめ

グループウェアとしての機能が盛りだくさんなので、今すでに何かしらのグループウェアを使っていたら、移行の余地は十分あると思います。

特に営業マンや外出しているメンバーが多い企業にとっては、コミュニケーションをするためのコストがだいぶ下がるのではないでしょうか。

LINE WORKSの登場で、ビジネスにおける電話・メール文化が一気にLINEに変わるかもしれません。

-モノ・サービス

Copyright© クラスタス , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.