暮らすに+

クラスタス

システム

JSPとは?【初心者向け】エンジニアなら押さえておくべき基礎知識

投稿日:

JSPはJavaServer Pageの略で、htmlの中にJavaのソースを埋めて、サーバー側でそのJavaのプログラムを実行させる仕組みです。拡張子は「.jsp」です。

 

JSPとサーブレットの違い

 

JSPは、webサーバー上でJavaのプログラムを動的に実行するJavaサーブレットを利用しています。

 

サーブレットが、プログラムの中にPrint文でHTMLを埋め込むのに対して、JSPはHTMLの内部に Javaプログラムを埋め込みます。

 

Javaの実行結果をhtmlに出力することができますので、動的なページを作成することができます。

 

プログラムの書き方は違いますが、できることは同じです。サーブレットは内部的な処理を記述するのに適しており、JSPは画面出力する処理を記述するのに適しています。

 

JSPの実行時の動き

 

内部的には、JSPはサーブレットに変換されて実行されます。

 

例えば、JSPのページがhelloworld.jspの場合、作成されるサーブレットは、helloworld_jsp.javaとなります。

 

そして、コンパイルされてhelloworld_jsp.classというクラスファイルが作成され、実行されます。

 

このため、初めて実行した際に少し時間がかかることがあります。

 

JSPとjavascriptの違い

 

JSPとjavascriptは記述の仕方が似ていますが、動作する環境が根本的に違います。

 

JSPがサーバーで動くのに対して、javascriptはクライアントのブラウザ上で動きます。

 

javascriptは入力項目の制御や値のチェック、送信パラメータの書き換えなどに使われます。

 

JSPまとめ

 

簡単ですが、JSPの概要でした。比較的枯れた技術に位置付けられますが、使われている現場はまだまだ少なくないと思います。

-システム

Copyright© クラスタス , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.