暮らすに+

クラスタス

iPhone スマホ

iPhoneのストレージ容量不足を解消するための「その他」などのゴミデータの削除方法

投稿日:

 こんにちは。「暮らす」に+を。クラスタスです。

iPhoneを使っていて、ストレージがいっぱいになると、「ストレージの空き領域がありません」というメッセージが出現します。

その場合、不要なアプリやデータを削除したりして解決することが多いですが、しばらく使っているとゴミのようなものが「その他」として溜まっていくようですので、今回は、その「その他」の削除方法について解説します。

iPhoneのストレージの確認方法

知っている人も多いと思いますが、まずは自分のiPhoneのストレージの確認方法をお伝えします。

メニュー < 設定 < 一般 < ストレージとiCloudの使用状況 と進むと、以下のような画面になります。この画面で、現在使用中のストレージ容量と空いているストレージ容量を知ることができます。

画面下部には、アプリごとの使用容量が使用容量の大きい順に並びます。ここで不要なアプリをタップすることで、そのままアプリを削除することが可能です。

 

iPhoneの「その他」などのゴミデータの削除の手順

使用済みストレージの計算が合わない

この時のボクのストレージを見ると、使用済み59.74GBで使用可能がわずか435.6MBしかありません。

では、個別のアプリの使用容量を見てみると、上から順に21.14GB,2.59GB,1.89GB...となっており、画面上に表示されているものの合計が30GB弱です。

 

 

もちろん、表示されているより下にも382MB以下のアプリが並んでいるわけですが、全て合計したとしても、確実に40GBにもなりません。ボクの20GB以上のストレージはどこに消えたのでしょうか。

PCのiTunesでのストレージ確認方法

ここでiPhoneをPCにつないで、iTunes上でiPhoneの状態を確認してみました。

iTunes上では、一番右の灰色部分が空き容量なのですが、ある程度は空きがありそうです。iPhoneでの表示とずれていますね。

また、灰色部分の隣にある「その他」が大きな割合を占めていました。「その他」と灰色部分で1/3=20GBぐらいはありそう。

 

おそらくですが、アプリやデータのダウンロード、削除を繰り返していくことで、ゴミデータが溜まっていくんだと思われます。

そのゴミデータは、iPhone本体では個別アプリに紐づくものではないので、アプリのデータ容量合計と使用済みデータ容量の合計とに差が出ていく、という推測。

 

iPhoneのバックアップからの復元で「その他」が消えるか実施

以前、iPhoneをバックアップから復元すると、不要な「その他」が消えると聞いていたので実行してみることにしました。

1.バックアップの取得

まず最初に、必ずバックアップを取りましょう。最新の状態でバックアップを取っておき、そのバックアップを利用して復元を行います。

注意点として、iPhoneのバックアップを暗号化にチェックすることに気をつけましょう。チェックしていないと、復元した時に、復元できないものが発生したりします。

2.バックアップから復元

バックアップを取得したら、「iPhoneを復元」ボタンをクリック。

画面上に出現する確認メッセージに答えていくと、復元が始まります。

iPhoneのバックアップの容量やPCのスペックにもよると思いますが、写真の通り、ボクの場合、7時間かかると言われたので、そのまま朝まで放置しました。

※復元をする際は、時間的余裕を持って自己責任で行いましょう。

3.バックアップからの復元が完了

朝起きると、無事にバックアップからの復元が完了していました。

iPhoneが初期化されたので、TouchIDなどを設定し直して、まずはiTunesを確認。すると、色々と整理されたようで、空き領域がなんと30GBに! 

4.iPhoneでもストレージの空き容量を確認

iPhone本体でも空き容量がどうなったか確認したところ、iPhone側でも使用可能なストレージが30.75GBまで増えました!一晩待った甲斐がありました。

 

5.復元してからダウンロードし直すアプリもあるよう

復元直後、いろいろなアプリが更新されたので、落ち着いた後に改めてストレージを見てみると、25GBになっていました。

例えば、ドラクエ7(先日のセールで購入してしまいました。)は、復元直後はここにありませんでしたが、復元後にダウンロードし直したんでしょうか。堂々の2位。

iPhoneのその他などのゴミデータの削除方法

復元直後よりは使用可能なストレージ容量が減ったものの、それでも実施前は435MBしか空きがなかったストレージ容量が、バックアップ・復元を実行したことで、25GBに増えてくれました。

iPhoneを使っていて最近ストレージ不足に悩まされている、という人は、まず自分のストレージの状況をiTunesなどで確認してみることを、オススメします。

その他が膨らんでいたり、計算が合わないようでしたら、少し手間はかかりますが、バックアップ・復元を!間違いなく快適にiPhoneを使えるようになりますよ。

 

-iPhone, スマホ

Copyright© クラスタス , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.