暮らすに+

クラスタス

スマホ 格安SIM

FREETELが「だれでもカケホーダイ」を開始 ドコモ・au・ソフトバンク・MVNO各社で利用可能

投稿日:

こんにちは。暮らすに+のクラスタスです。

格安SIMサービスを展開するFREETELが、素晴らしいサービス「だれでもカケホーダイ」を3/1から開始します!

 

だれでもカケホーダイとは?

だれでもカケホーダイは、「だれでもカケホーダイ」アプリを使って電話することで、1分、5分、10分(契約プランによる)のカケホーダイが利用可能というサービスです。

通常のカケホーダイは、その通信会社毎に決められたカケホーダイのオプションに入ることで利用可能です。

一方、今回の「だれでもカケホーダイ」は、FREETELのユーザーに限らず、ドコモ・au・ソフトバンク、MVNO各社のユーザーが利用可能というもの。

通信会社を問わず、だれでもカケホーダイになれるサービスです。

だれでもカケホーダイの利用方法

「だれでもカケホーダイ」は、「だれでもカケホーダイ」のアプリを利用して通話する必要があります。

格安SIMのカケホーダイは、050のIP電話での通話だったりしますが、「だれでもカケホーダイ」は、電話回線を利用。そのため、通話品質も高品質。相手への着信通知も通常通りです。

「だれでもカケホーダイ」アプリは、スマホ内の電話帳のデータをそのまま読み込むので、電話帳データの操作も特に必要ありません。

だれでもカケホーダイの料金

だれでもカケホーダイには、カケホーダイになる時間が異なる3つのプランと、いつでも半額になる通話半額プランがあります。

  • 1分カケホーダイ 299円
  • 5分カケホーダイ 840円
  • 10分カケホーダイ 1,499円

他の格安SIMサービスのかけ放題プランと比べて、料金的に特段安いわけではありませんが、カケホーダイの時間を選べるのは嬉しいです。10分を提供している他社サービスはないはずなので、その点も魅力です。

なお、契約しているカケホーダイの時間を超えて通話する場合は、30秒/10円の通話料が発生します。

ちなみに、世界36カ国に対する国際電話も通話料金30秒/10円で通話が可能です。

「だれでもカケホーダイ」のまとめ

今回のサービス開始を知った時、革命が来た、と感じました。

格安SIMサービスのかけ放題サービスの内容が横並びの中、まさか通信会社によらず使えるサービスを提供してくるとは思いもよりませんでした。

いつでも半額は月額無料で、30秒/10円と通常の半額となりますので、かけ放題が必要でない人も、とりあえずは「だれでもカケホーダイ」アプリをインストールして、通話をすることをオススメします。これだけで、通話をほとんどしないという人でも、少しお得になります。

かけ放題があると嬉しい人も、自分の通話に必要な時間に合わせて時間を選ぶことができるので、通常よりは間違いなくお得になります。

この「だれでもカケホーダイ」サービスが広がれば、FREETELの利益はとんでもないことになるかもしれません。

-スマホ, 格安SIM

Copyright© クラスタス , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.