暮らすに+

クラスタス

スマホ

FREETELが初期費用299円のみの神プランを販売開始

投稿日:

こんにちは。「暮らす」に+を。クラスタスです。

格安SIM業界で積極的に様々なチャレンジをし続けているFREETEL。

今回は、契約事務手数料として初期費用が3,000円かかるのが通常なところ、その1/10以下である299円とする「FREETEL SIM 全プラン対応パック」を販売開始しました。

 

「FREETEL SIM 299円  全プラン対応パック」取扱店舗

現時点で「FREETEL SIM 299円  全プラン対応パック」を購入できるのは、以下のネットショップ or 実店舗。今後、取扱店舗を拡大していく予定とのことです。

 

  • ヨドバシカメラ全店およびヨドバシ.com
  • ビックカメラ全店およびビックカメラ.com
  • コジマおよびコジマネット
  • ソフマップおよびソフマップ.com
  • FREETEL sSHOPおよびFREETEL Amazonストア

 

 

「FREETEL SIM 299円 全プラン対応パック」の注意事項

格安SIMがさらに格安になる「フリーテル 全プラン対応パック」ですが、現在開催している「ネット基本料0円キャンペーン」が適用されません。「ネット基本料0円キャンペーン」は、ネット基本料の299円/月が1年間無料となるというものです。

 

どちらが金銭的にお得か比較してみます。

「フリーテル 全プラン対応パック」を選んだ場合、初期費用が3,000円から299円に下がりますが、「ネット基本料0円キャンペーン」を選んだ場合、299 x 12 = 3,588円分が無料となります。結果的には、「ネット基本料0円キャンペーン」を選んだ方が289円お得になります。

 

しかし、これは1年間FREETELを使い続けた場合のこと。格安SIM業界の価格やサービスの競争は目まぐるしく変わっています。

1年間FREETELを使い続けることは、場合によっては機会損失になるかもしれませんので、将来のことを考えると「FREETEL SIM 299円  全プラン対応パック」を選んだ方が良さそうです。(とはいっても、数百円レベルのせめぎ合いですが。)

 

FREETELの神プランまとめ

利用料金が格安なのはもちろんですが、今後も様々なサービスが開始予定となっています。

 

11/1からはパケットの翌月繰越や、大容量プランなど、更にお得になるサービスが追加提供される予定です。

また、12月には現時点でもLINEやApp Storeなどのデータ通信は無料ですが、そこにtwitterやFacebook、Instagramの利用時の通信料無料化もサービス開始予定です。

 

現時点で格安SIMの利用を開始しようとした場合、FREETELは間違いなくオススメです。 

-スマホ

Copyright© クラスタス , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.