暮らすに+

クラスタス

マネー

UFJで複数口座開設をしようとした件 複数口座は時と場合による

更新日:

こんにちは。「暮らす」に+を。クラスタスです。

先日、これからの勤務先から給与口座の銀行・支店の指定があったので、UFJで口座開設をしてきました。

既にUFJには口座を1つ持っていたのですが、支店も指定されたので、2つめの口座を開設することに。その際の手続きが少し面倒だったので、まとめておきます。

銀行口座は基本的に1口座のみ

最近は、1つの銀行で個人の銀行口座は1つしか作成できないのが原則のようです。個人で複数口座を持ちたい場合は、銀行側が事情を考慮して、判断するとのこと。

給与口座の指定などの場合は、たいていの場合、OKなようです。ネット上にも、いくつか情報がありました。

給与口座用の追加口座を開設できなかった

既存口座が休眠口座(みたいな状態)とみなされた

ネットで確認した上で、UFJの窓口に意気揚々と向かったボクは、追加の口座開設をご遠慮されてしまいました。

ダメだった理由は、既存の口座の利用実績が、3年ぐらいなかったため。UFJの口座はあるものの、ここ最近は使用していませんでした。

そのため、まずは既存口座を解約し、その上で新規口座を開設しないとダメ、と言われて、解約手続きをすることに。

しかし、既存口座の通帳とカードがないと解約はできない、ということで、既存口座の通帳・カードを持っていっていなかったので、その日は口座開設ができませんでした。

解約するには、通帳とカードがないとダメで、ない場合は解約するのに紛失届とともに、再発行料として通帳・カードそれぞれ1,000円(税別)が発生するそうです。解約するというのに、なんということでしょう。。。

後日、既存口座の通帳・カードを持って、再チャレンジ

手続きとしては、既存口座の解約が完了した上で、新規口座の開設。時間にしては30分程度でしょうか。窓口のお姉さんがテキパキと、対応を行ってくれました。

新規の口座でも最寄りの支店が原則

はれて新規口座の開設ができたのですが、原則は自宅の近くの支店でのみ受付可能とのことです。

給与口座の場合は、社員証や名刺など、その企業に属していることを証明することが必須なようです。

ボクの場合は、まだ就労していなかったため、証明できるものがなく、銀行員の人が勤務先に、わざわざ給与口座としてこの支店に口座開設しようとしているが間違いないか、という確認の電話を行いました。

複数口座開設のまとめ

何かしらの都合で、銀行口座を作りたい事情が発生するかもしれませんが、複数の口座開設が認められるかどうかは、銀行側の判断になります。

ボクの場合は、窓口の担当者が上長に確認した結果、 ダメという判断が下されました。

一定のマニュアルがあるのでしょうが、銀行や客の事情や状況、判断する担当者によって、微妙に判断は変わってくると思われます。

同様の状況の場合でも、この記事は、あくまで参考程度にしていただき、無駄足が発生しないように、既存口座の通帳などを持った上で、銀行窓口へ向かいましょう。

 

-マネー

Copyright© クラスタス , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.